売却のコツ

任意売却をわかりやすく説明

任意売却をわかりやすく説明

任意売却ってなに?

通常の売却とは違う不動産売却になります

と思われた方に専門の不動産屋ができるだけ簡単に説明させていただきます

任意売却をわかりやすく説明

住宅ローンの支払いが苦しい
滞納・差押
任意売却をわかりやすく説明

マイホームを売っても住宅ローンの返済ができない売却

住宅ローンを借りてマイホームを購入すると、売却する時には返済ができるメドが立たないと売ることはできません

当然ですよね
お金を貸している金融機関の許可がないと自分のマイホームであっても、自由にはならない抵当権という権利がついています
売却するには住宅ローンを借りている金融機関の許可を貰います
任意売却は金融機関の同意をもらって、住宅ローンはすべて返済することができないですが所有者の意思をもって売却をすることです

任意売却の残債

任意売却のデメリット
任意売却はすべての借入を精算できるわけではなく、残債が残ります
残って借入については毎月支払い能力に合わせて返済を求められます

任意売却と競売の違い

毎月の住宅ローンの返済が行われないと、金融機関は裁判所で競売の手続きを行います

競売ってイメージが悪いということも強制的に所有者が排除される可能性があるためです

競売とは
強制的に売却手続きに入り、所有者は退去日はいつです
もし、退去されない場合は裁判所から強制的に退去の手続きに入るために非常に負担も多く、精神的にも不安に感じる方が多く競売情報は所有者のプライバシーも確保されません

競売と任意売却の違いについてまとめてみました

任意売却 競売
プライバシー 確保される 確保されない
売却価格 相場よりやや安め 入札次第
引っ越し代 交渉することができる なし
退去スケジュール 所有者 裁判所しだい

 

任意売却のメリットとメリット

メリット
  • 任意売却は競売に比べて相場価格で売却できる可能性が高いので、残債を少なくすることができます
  • また、選択肢の中にリースバックという方法で今のまま住み続けることも可能です
  • 任意売却するデメリットは債権者の同意を取る必要があります
デメリット
  • 債権者の同意がなければ任意売却をすることができません
  • 住宅ローンが無くなるということではなく、残債については債権者との話し合いで今後も支払いしなければいけません
  • 個人情報に返済状況が掲載されることがあります

依頼方法

不動産会社に依頼します
ただ、任意売却を知らない不動産屋さんも多くあります

専門性の高い不動産屋さんに依頼する必要があります

任意売却の流れ

不動産査定
媒介契約(依頼)
債権者に任意売却の同意を得る
購入者を探す
住宅ローン返済できない残債についての交渉
まとまれば決済
引き渡し

任意売却の流れと期間

任意売却の費用

売却価格から成功報酬として売買代金の3%+6万円がかかります
任意売却の場合、債権者(金融機関)との交渉になります

生活資金
引越し代
なども売買金額から交渉することができます

まとめ

任意売却をわかりやすく説明しましたが、わかりましたでしょうか
任意売却は競売で強制的に退去を裁判所から求められる前に、少しでもいい条件で売却できる可能性があります
任意売却のデメリットは

  • 債権者の同意
  • 個人情報への掲載

など以外は通常の不動産の売却と変わりがありません

任意売却のメリットは

  • 引越し代・当面の生活費を債権者から取り付ける交渉
  • 売買代金を相場に近い価格で売却
  • プライバシーを確保することができます
  • リースバックという方法で住み続ける可能性も

などデメリットに比べてメリットが所有者にあります
手続きは任意売却に詳しい不動産屋に依頼することをお勧めします
時間オーバーで任意売却が不調に終われば、裁判所によって競売の手続きが実行されてしまいます
時間との勝負になることも多いのが任意売却です
住宅ローンの支払いをもうやめて新たな生活を考えている方にはおすすめの売却方法になります

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社