売却のコツ

連棟の木造住宅・借地権付戸建などの処分はどのようにしたらいい!

連棟の木造住宅・借地権付戸建などの処分はどのようにしたらいい!

親から相続したが不動産会社に相談してもなかなか処分方法が決まらない戸建・空き家などが多くでてきています

 

市場と違った不動産の処分方法は非常に難しいのが現状です

 

不動産会社にもっていっても、市場性の高い物件は頑張って販売をしてくれますが、そうでないと持て余してしまうことも多いです

 

このような物件についてを少しでも高く売却したり、賃貸にするにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

需要が確実に減る時代

 

野村総合研究所によればこれから空き家は2033年には約2150万校空き家率は全戸数の中に30%にも上昇する可能性があるそうです 

 

例えば連棟であったり借地であったりそういった木造の空き家は今後ますます増えてくる可能性があります

 

 

不動産は持っているだけで固定資産税都市計画税など税金がかかってくるのはもちろん屋根などが落ちてきて近隣に迷惑をかける可能性もあるわけです

 

 

少しでもま現金化することができるようであればそのように財産を身軽にしておくのもひとつの手ではないでしょうか

 

 

ただ単純に安くしてしまえばあまりせっかく親からもらった財産が財産ですのであまり安すぎるのも困ると考えておらる方も多いのではないでしょうか?

 

 

現金化するにはどのようにすれば良いのでしょうか 

 

そういった物件の多くは40平方メートルとか50平方メートルで道路も狭いことが多いです

 

 

住宅地としてみると非常に価値が落ちてしまいます

 

 

事業用の不動産として再生させる方法もあります

 

 

住宅として考えると限界が出てしまいますが、投資家が不動産事業として考える場合は利用価値があればそれに合わせた価格を提示することができます

 

 

不動産買取業者などの多くは住宅として不動産価値をめざしているために、建築基準法などの建物を建てるための要件に合わせる必要があるために購入することができる土地とできない土地に分かれてしまいます

 

 

 

不動産の価値は

 

分譲戸建てができる土地

駅近物件

坂道のない地域

 

など住宅としてみてどうかという土地利用に限定されている場合が非常に多いです

 

 

そのなかでも土地が不足している業態も現実にあります

 

 

不動産がなかなか売却することができないと思われた時土地や環境によって考え不動産の考え方を変えることによって思わず高価な金額で買取することもできます

 

 

また、売却することもできます

 

 

当社では空き家の買い取りや事業用不動産なども特に多く扱っておりますので不動産会社から見放された物件についても一度ご相談いただければ幸いでございます

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社