灘区タウン情報

年収300万円の方のフラット35を利用で借入限度額と年数の関係

年収300万円の方のフラット35を利用で借入限度額と年数の関係

年収によってフラット35の場合は借入金額が変わってきてます

 

 

フラット35は固定型の金利で35年後の金利も同じという、政府主導の安心できる住宅ローンになります

 

 

30歳で住宅ローンを組んで65歳で完済するまで、人生において色々なことが起こります

 

 

当社では変動金利と固定金利の商品の中で特にお考えなどがない場合は基本的には固定金利をおすすめさせていただいております

 

 

住宅ローン選びも不動産選びと同じように大変重要なものです

 

 

 

年収300万円の方の借入金額について

フラット35の場合は年収が400万円以上の場合は返済比率が35%で年収が400万円以下の場合は返済比率30%になります

 

 

 

返済比率とは総収入のうちの35%までは住宅ローンの返済をしても審査は通ります

 

 

 

という年収に応じて支払額がきまします

 

 

 

2020年6月の実行金利は1.29%(セゾンのフラット35)になります

 

 

 

借入限度額と年数とは

100万円あたりの35年返済は2960円になります

 

 

  • 300万円の方が35年間の住宅ローンの限度額は2533万円
  • 300万円の方が30年間の住宅ローンの限度額は2237万円
  • 300万円の方が25年間の住宅ローンの限度額は1922万円
  • 300万円の方が20年間の住宅ローンの限度額は1585万円

 

 

年数に応じて借入金額が大きく変わります

 

 

35年ローンを組むことのメリットとしては、借入額を増やすことができます

 

 

 

まとめ

住宅ローンを組む時に短く組みたいという方がいらしゃいます

 

 

凄く勉強をされているのだと、関心してしまいます

 

 

長く組むことで、借入金額を増やすことができますが、住宅ローンの期間に応じて金融機関の保証料という費用が増えてしまいます

 

 

長期でローンを組む場合は、費用が増えるということもあるので注意が必要です

 

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社