賃貸管理・空室解消

賃貸マンションの入居審査内容ってどんなことをする?

入居審査の注意点

賃貸マンション・アパートの入居審査ってどんなこをするのか気になる方も多いと思います

 

個人情報を提供して保証人も必要になります

 

部屋を借りるのにここまで必要ということまで記入します

 

実際、賃貸マンションの入居審査についてまとめてみました

 

賃貸入居審査

入居審査

申込本人かを確認されます

いままで、別人が申込をしたことを確認したことはありませんが、申込本人であるかを公的書面などで確認します

 

別人が借りていたら、犯罪・トラブルの原因など管理会社にとっては好ましくない事が起きます

 

書いている内容だけでなく、入居理由、お勤め先の内容についても十分に審査が行われます

 

入居審査の日数

審査は保証会社加入が条件の場合は保証会社の審査期間になります

 

保証会社を通さなない場合は管理会社が審査を行います

 

その場合は1日~3日ぐらいになると思います

 

中小の保証会社の場合は基本的には審査は1日ですが、大手の保証会社になると2~3日かかることも多いです

 

高級マンション・駅前の商業ビルなどの家賃が高額なものは期間も伸びる傾向はあります

 

入居審査ってどんなことをするの?

管理会社・オーナー様によっても入居審査の内容は変わります

 

家賃の支払い能力

 

お勤め先

 

勤続年数

 

保証人様の保証能力

 

保証人との地理的距離

 

などを見ることが多いです

 

『家賃の支払い能力』『近隣とのトラブル』

 

などが安心できるかできないかということが審査のポイントになります

 

実は部屋を案内している時から入居審査が始まっている

管理会社・不動産会社もご入居してもらった方が売上になりますので、すべて審査をかけずにしたいと思います

 

しかし、入居してからのトラブルには一番に気を使います

 

管理会社・不動産会社は家主さん・オーナー様に大事な不動産の管理を委託されているわけですので

 

クレーマー的な入居者はご遠慮したいということが本音です

 

家主さんから今度の入居者さんはどんな方と聞かれることも多々あります

 

案内していた時に好印象のお客様もいれば、逆の場合も必ずあります

 

やはり、トラブルになりそうな場合は家主さんにはこのお客様はあまりおすすめできません

 

ということがあります

 

入居審査に落ちないようにするには

保証会社の審査

保証会社の入居審査の場合は今まで家賃の滞納があるかどうかを

 

保証会社のデーターベースの中で審査をされます

 

いままで、保証会社加入が条件の賃貸マンション・アパートに住んでいた時に滞納してしまった場合は

 

入居審査に落ちるという可能性が非常に高いです

 

その場合は保証会社が違う不動産会社・管理会社の場合は審査に通ることもあります

 

保証会社によっては審査する材料が違うからです

 

申込時の身なり態度には注意

昔は家主さん自ら入居審査のために面接を行うことも珍しくなかったのですが、

 

現在においては管理会社・不動産会社が入居審査を家主さんに変わってすることが多くなってきています

 

身なり

 

態度

 

などいい印象のお客様であれば、余計な心配はしないです

 

できるだけ態度やマナーには気を付けてお話することがおすすめです

 

収入が少ない場合

収入が少ない場合などはあんしんできる保証人さんを用意しておいた方がいいです

 

少しでも管理会社・不動産会社を安心させることで入居審査をいい方向に進めていくことができます

 

嘘は言わなくてもいいですが、

 

家賃の心配はありませんという意思表示が大事になります

 

まとめ

入居審査は不動産会社・管理会社によって大きく違うようです

 

また、保証会社によっても入居審査は厳しい・ゆるいというのがあります

 

万が一、入居審査に落ちたとしても不動産会社・管理会社・保証会社を変えることで審査結果が大きく変わることもあります

 

ゆっとりをもってお部屋探しをすることで、いいお部屋が見つかる可能性も十分にあります

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社