売却のコツ

任意売却の流れとどれくらいの期間がかかる?

任意売却の流れとどれくらいの期間がかかる?

任意売却はすぐにできるというわけではなく、専門業者の選定・金融機関との交渉などもあり時間的に確定することはできません
これから任意売却を考えられている方に方に書かせていただいている記事になります

任意売却の流れ

住宅ローンの滞納

収入減や家族の事情などによって住宅ローンの支払いが3か月~5か月滞納することで、金融機関としては通常の返済をあきらめざる負えなくなります
銀行・金融機関は貸していたお金の回収するために、不動産所有者に督促を続けて行います
金融機関との協議で返済方法を変更することも可能です
ただ、協議が不調で延滞を続けることで競売という手続きにはいります

任意売却に詳しい不動産業者に相談

不動産所有者は競売という手続きが入る前に任意売却が詳しい不動産会社にご相談することで、任意売却という手続きも取ることが可能になります
任意売却は普通の不動産売却とは異なり、金融機関との交渉・早期売却など専門的な知識が必要になります
不動産業者が決まると不動産媒介契約で依頼します

費用はかかるの?
不動産売買は成功報酬になります。任意売却の場合は売却額から差引されます

金融機関との交渉

金融機関との任意売却の交渉に入ります
任意売却するには許可を取る必要性があります

不動産売却

販売価格について決定されると販売をスタートします

契約・引き渡し

任意売却の場合も通常の売却と変わりません
契約後、1ヵ月ぐらいで引っ越しとのスケジュールで退去します
債権者と残債についての支払い計画を相談して行います

任意売却の期間

不動産会社に依頼してから、3か月~6か月ぐらいになります
ただ、売却が困難な物件になると期間も長くなり、競売になる可能性が高くなるということも注意が必要になります
滞納する前に金融機関へ相談することや支払いに不安があるときに専門の不動産会社に相談することをお勧めします

まとめ

任意売却の流れと期間についてまとめてみました

  1. 延滞
  2. 不動産業者に相談
  3. 債権者の同意
  4. 売却
  5. 引き渡し
  6. 残債の相談

という流れになり、3か月~6か月ぐらいの手続きが必要になります
競売の手続きも同時にされることもありますので、任意売却を考えている方はできるだけ早く専門業者に相談することをお勧めします

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社