売却のコツ

『任意売却しても残債払えない』方への選択肢とは

『任意売却しても残債払えない』方への選択肢とは

任意売却する上で考えておかなくてはいけない事が売却して残った残債の支払いです
通常は残債には利息が付かない事が一般的ですが、月々の支払いは1万円~3万円の支払いを求められることが一般的です
ただ、月々の支払いも厳しいという場合の方にはどのような選択肢があるのでしょうか
任意売却する上でどのような選択肢があるのかをまとめてみました

『任意売却しても残債払えない』方への選択肢とは

個人再生(小規模民事再生)

短期間での返済であるのであればという方には個人再生という方法があります
残債を5分の1に圧縮して原則3年間で返済になります
残債には住宅ローンの他の借入も含めることができます
1000万円の残債であれば200万円
個人再生をする場合は安定した職業についている方になり、自営業者・パート収入の場合は厳しい判断がでる場合もあります
裁判所で手続きが必要になります

メリット

  • 債務の残高を減らすことができる
  • 自動車のローンが残っていなければそのまま乗り続けることができる

デメリット

  • 官報に掲載
  • 保証人に請求される
  • 自動車のローンが残っている場合は車を失う場合も

自己破産の場合

任意売却後に返済ができない場合は自己破産という方法になります
この場合は返済する必要は全くなくなります
自己破産の理由『借金』『浪費』でないということが求められます

メリット

  • すべての返済が無くなる

デメリット

  • 官報に掲載
  • 保証人に請求される
  • 自動車のローンが残っている場合は車を失う場合

 

まとめ

任売却しても残債の返済がどうしても厳しい場合は個人再生もしくは自己破産することで返済額が少なくなったり、ゼロにすることも可能になります
個人再生の場合は安定した収入がある方に限られます
ただ、その他の残債も含めて5分の1まで残債を減らすということもできますので、支払い総額としては抑えることができます
自己破産の場合はどうしても二の足を踏む方も多いと思います
返済にどうしても厳しい場合は一番有効な方法だと考えられます

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社