灘区タウン情報

イオン銀行の住宅ローンにがん保険が登場!保険を付けるメリットは?

イオン銀行の手続き

イオン銀行の住宅ローンでは、がん保険を付けるサービスも行われています。

 

 

一見すると住宅ローンにがん保険というのは少しおかしいように感じられるかもしれません。

 

 

ただ、がん保険付けていると、色々な問題が起きた場合に安心感が得られ更には住宅ローンの支払い免除の可能性もあります。

 

 

がん保険を付けるメリットやイオン銀行でがん保険を付ける方法などを紹介します。

 

 

イオン銀行でがん保険を付けるメリットは

イオン銀行以外の住宅ローンでも、近年がん保険を付与するサービスが行われています。

 

 

このサービスを使うメリットは、がんと診断された時点で支払いの免除が行われる点です。

 

 

んだと診断されると当面の間は治療に専念しなければならず、住宅ローンの支払いが難しくなってしまいます。

 

 

がん保険を付与する住宅ローンであれば診断を受けた時点で支払いが免除され、住宅ローンは今後支払わなくてもいいのです。

 

 

がんの診断を受けてしまうと、家族にも非常に負担がかかってしまいます

 

 

家族に住宅ローンの支払いを行うようにお願いしても、高額な住宅ローンの支払いは相当難しいものとなるでしょう

 

 

がん保険を付けておけば、支払いの義務がなくなり、家族への負担が大幅に軽減されます

 

 

がんに使えるお金が増えると同時に、住宅ローンを気にせずに家族と一緒に治療を頑張っていける状況を作りだすのです

 

 

 

また、がん保険を付けておくメリットは、がんと診断された時点で保険金が支払われる点です

 

 

がん治療は非常に高額であり、かなり高額なお金を使ってしまいます

 

 

住宅ローンと一緒に契約しているがん保険があれば、診断を受けた段階で保険金の支払い対象となります

 

 

イオン銀行の場合は、1回の治療で最大500万円、合計で1000万円まで支払いが受けられます

 

 

がんの治療に専念できるメリットがありますので、将来的な不安を抱えている方はがん保険を付けて住宅ローンと契約を行ってください。

 

 

 

イオン銀行でがん保険付きの住宅ローンと契約する方法

イオン銀行のがん保険付き住宅ローンというのは非常に簡単に契約できます

 

 

その方法は金利を0.1%増やすだけです

 

 

つまり初期の段階で支払う金額はなく、住宅ローンの支払い時に利息という形で保険料を支払っていく形になります

 

 

金利を増やすだけという簡単な方法で契約が可能で、しかもがん保険としては高い金額を支払ってくれます

 

 

同時にがんと診断された時点で住宅ローンの残高もなくなりますので、がんに対する不安があるなら金利を増やしてでもがん保険と契約を行いましょう

 

 

また、8大疾病に対応している住宅ローンをイオン銀行は提供しています

 

 

こちらは脳卒中や急性心筋梗塞で60日間が経過した場合、糖尿病や高血圧で1年以上の就業ができない場合には、住宅ローンの残高が0円となるサービスです

 

 

こちらは0.3%金利を高くするだけで契約が可能です

 

 

健康診断の結果などに不安を抱えている方は、8大疾病に対応できる住宅ローンも検討してみましょう

 

 

 

イオン銀行だけでなくがん保険の住宅ローンは増えている

近年は3大疾病やがんに陥った場合、住宅ローンの支払いを免除するサービスが増えています

 

 

家族への負担を軽減させるだけでなく治療に使える保険金が受け取れるというだけでも、がん保険や疾病への対応ができる住宅ローンはとてもいいものです

 

 

イオン銀行では、金利を少し高めるだけでがん保険や8大疾病に対応できる保険が得られます

 

 

保険によって住宅ローンの支払いがなくなる他、住宅ローンと契約している保険からお金を得られ、治療に専念できるメリットが得られます

 

 

健康への不安や将来への対応を考える方は、がん保険などを持つ住宅ローンを考えてもいいでしょう

 

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社