売却のコツ

任意売却後の残債の支払いについて

任意売却後の残債の支払いについて

任意売却が済んでも残念ながらすべての返済が終わるというわけではありません
残債の支払いがあります
残債の支払いについては債権者との話あいになりますので、ある程度知識があって交渉したほうがいいです
任意売却で残債の支払いについてこちらの記事についてまとめています

任意売却の残債について

一般的な支払い方法(相場月1万円~3万円)

任意売却のデメリット
ご存じの通り任意売却をすると残債が残ります
債権者との話し合いで残債を返済していきます
返済方法については月1万円~3万円ぐらいになることが一般的ですが、定額の収入がない場合や母子家庭の場合などは支払いについては更にご相談に乗ってもらえることもあるようです

売却後の残債については利息はつく?

任意売却前の延滞金・利息については返済の必要があります
ただ、債権者との話合いになりますが、任意売却後の残債については利息が付かないことが多いようです
あくまでも交渉になります

連帯保証人が要る場合

連帯保証人を住宅ローンを組む時に入れられている場合はご本人だけでなく月々の支払いを連帯保証人にも求めてくる場合があります
連帯保証人を付けられている場合は任意売却をするかどうかも考える必要があります

債権譲渡される場合

サービサー(債権回収会社)
債権者から債権回収会社に債権が売却される場合もあります
債権額によっては大幅に減額されたものをサービサー(債権回収会社)に売却されます
サービサーもできるだけ高く回収することが会社の利益にもなります
サービサーの担当者は年契約の契約社員の方も多く、回収ができない場合は雇用契約がなくなることもあり必死です
ただ、サービサーは金融庁の許可を取って本来は債権回収については弁護士しかできませんが、特別な行為をさせていただいているということで特に手荒なことをすることはありません

まとめ

任意売却の残債の支払いについては、支払い能力にあわせて1万円~3万円というところが一般的で場合によっては5,000円の場合もあります
あくまでも債権者との話し合いということになります
債権者は金融機関が債権を売却することもあり、買い取ったサービサー(債権回収会社)との話し合いになります
連帯債務者がいる場合は連帯債務者に月々の返済も求められる場合もありますが、債務者本人だけの支払いになるのかも話し合いによります

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社