売却のコツ

マンションを売却する時にかかる費用

マンションを売却する時にかかる費用

マンションを売却する時にかかる費用は基本的には後払いになりますので、売却したお金で相殺することが可能になりますので新たに用意する必要はありません

 

売却にかかる費用についてまとめてみました

 

マンションを売却する時にかかる費用

  • 仲介手数料(96万円)
  • 印紙税(1万円)
  • 抵当権抹消関連費用(5万円)
  • 各種証明書類取得手数料(3千円)

 

3,000万円の中古マンションを売却するのにかかる費用は110万円前後かかることになります

 

仲介手数料

マンションの売買価格 手数料の上限
売買価格が200万円以下の場合 5% + 消費税
売買価格が201万円以上400万円以下の場合 4%+2万円 + 消費税
売買価格が401万円以上の場合 3%+6万円 + 消費税

と計算式が決められています

 

  • 契約時に手数料の半分
  • 引き渡し時に手数料の半分

 

と費用がかかります

 

引き渡し時にまとめて請求する不動産屋さんもいますので、仲介手数料の支払い時期については確認が必要です

 

印紙代

契約金額 本則税率 軽減税率
10万円を超え 50万円以下のもの 400円 200円
50万円を超え 100万円以下のもの 1千円 500円
100万円を超え 500万円以下のもの 2千円 1千円
500万円を超え1千万円以下のもの 1万円 5千円
1千万円を超え5千万円以下のもの 2万円 1万円
5千万円を超え 1億円以下のもの 6万円 3万円
1億円を超え 5億円以下のもの 10万円 6万円
5億円を超え 10億円以下のもの 20万円 16万円
10億円を超え 50億円以下のもの 40万円 32万円
50億円を超えるもの 60万円 48万円

国税庁のホームページより

 

抵当権抹消関連費用

登記関連の抹消に関しての登録免許税と司法書士の費用になります

 

現在の登記情報を抹消して、買主の名義に変更できる状態にするための費用になります

 

各種証明書類取得手数料

司法書士に登記情報を抹消してもらうのに対して、住民票・固定資産税評価証明書などが必要になります

 

まとめ

マンションを売却する費用についてまとめてみました

 

3,000万円の売却に対してかかる費用は100万円前後の費用がかかります

 

意外に費用がかかると感じられた方もいるのではないでしょうか

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社