売却のコツ

中古マンションの売却期間は関係ない!納得した価格で売却する

中古マンションの売却期間は関係ない!納得した価格で売却する

中古マンションを売却する期間が短ければ短いほど販売は成功したと思われますが、価格は納得されていますか?

 

販売期間が短い場合は安売りをしている可能性もありますよ

 

販売期間が短くなるのも長くなるのもすべては中古市場の状況次第です

 

やれることは部屋を綺麗にして、生活感をださないことが重要です

 

マンションは販売期間

不動産に依頼するとその日から販売をしてくれます

 

マンションを長年探している方はインターネットで新たな不動産情報を常に探されています

 

探している方がいるようなお部屋はその日でも申し込みが入ります

 

だから、当初の価格設定は高くてもいいのです

 

マンションの内見件数は重要?

 

マンションの内見がまったくないというのは問題ですが、件数はあまり関係ないのではないでしょうか?

 

購入者が内見をする場合は購入の少なくとも考えています

 

ただ、地域や時期・中古市場の状況によって大きく変わります

 

何度も経験しましたが、中古市場に物件がなくなると、今まで全く売れなかった物件が希望価格で売れることがあります

 

半年

 

1年

 

とかかることもありますが、値引きしたからと言って売れるというわけではありません

 

市場の状況が重要です

 

購入者は1か月~3か月以内で結論を出します

 

1年以上かけて中古マンションを探しているお客様の希望条件は厳しいです

 

数か月以内で購入される方は現在本当に住宅が必要に迫られていることが多いです

 

住宅ローンを組める年齢

 

家賃が高くなった

 

こどもの教育のため

 

など理由は様々ですが、購入が迫られているから購入するという当たりまえの行動になります

 

不動産屋さん価格を下げる圧力に負けていませんか?

 

当社でもそうですが、不動産会社は毎月が勝負です

 

売上が少ないと誰もが嫌です

 

そのときにやってはいけないことがあります

 

売却依頼をうけている不動産の価格を下げてでも売上を作ることです

 

八百屋さんでも魚屋さんでも夕方になれば価格を下げて売ってしまいます

 

価格を下げれば誰でも売れるということです

 

売却依頼を受けている不動産は不動産屋さんのものではありませんが売主さんにこの価格では売れませんよ

 

というと下げる売主さんも非常に多いです

 

不動産の価格を下げる場合100万円単位です

 

ちょっと、大きすぎる金額です

 

最短で売る必要はありません

 

最短で売却することがすべてではありません

 

中古市場を十分に把握して、価格を考えてみましょう

 

相場も重要ですが、現在売却中の物件で価格は判断することができます

 

A物件 (築浅 駅から遠い)

B物件 (築が古いが価格が安い 管理費が高い)

 

など物件の優劣をつけて、真剣に考えた価格で販売すれば間違いなく結果はでます

 

買主さんは徹底的にどのマンションが納得できのか考えている!

購入する側は売主さんに比べてかなり他のマンションと比較しています

 

お風呂

 

キッチン

 

などは本当によく見ています

 

交換しなくてもそのまま利用できるかできないか

 

日当たりなど

 

驚くぐらいよく見ています

 

早く売却する場合は買主さんの気持ちになることが一番です

 

 

まとめ

マンション価格を相場で考える方が多いですが、100万円~300万円は正直誤差の場合が多いです

 

不動産市場では日々価格の競争が行われています

 

早急に販売したい場合は地域でお得な状況で販売することですぐに売れます

 

また、時間をかけてでも納得した価格で売りたい場合はじっくり腰を据えて、狙った買主を探し出すように不動産屋さんに頑張ってもらってください

 

お部屋の状況はいい状態を保ってくださいね

 

住まいなので、買主は少しでも嫌な部分を見てしまうと絶対に買いません!

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社