売却のコツ

マンションを売ると決めたら、査定から始めましょう

マンションを売ると決めたら、査定から始めましょう

中古マンションの売ろうと思ったらどうすればいいのか

 

 

不動産屋さんに行くことを考えるかもしれません

 

 

ネットの一括査定に登録する

 

 

など色々な方法があります

 

 

高価売却と早期売却

ネットで検索するれば、取引価格については不動産業者でなくても分かる時代です

 

 

マンションの売却で手取り収入を多くしたい場合と相場でいいから早く売却をしたいということに分かれると思います

 

 

どちらも同時ですすめたいということは結果的に高価売却と早期売却ができる場合がありますが、結果的にうまくいっただけということになります

 

 

高価売却

 

 

高く売却する

諸費用を安くする

 

 

ことで手取りの額を多くすることができます

 

 

高く売るにはその時の相場と周辺の物件の相場によって価格は変わります

 

 

諸費用のほとんどは仲介手数料ということになります

 

 

仲介手数料は

 

 

売却価格  ×  3%   +   6万円   +   消費税

 

 

になります

 

 

3,000万円のマンションの仲介手数料は105.6万円

6,000万円のマンションの仲介手数料は204.6万円

 

 

ということになります

 

 

大手不動産会社の場合は仲介手数料のお値引きは一切されていませんが、中小の不動産会社の場合は仲介手数料半額・仲介手数料無料としているところも多くありますので、手取り収入を多くしたい場合は売却の諸費用が少ない不動産会社を選ぶということをおすすめします

 

 

早期売却

早く売却をしたいという場合は価格的に購入者が考えているものであれば、早期に売却することができます

 

 

同じマンションの取引をよく行っている不動産屋さんに声をかけるのもいいかもしれません

 

 

不動産屋さんによってはいままで同じマンションを取引をしたことがないということもあります

 

 

管理人さんに聞かれるとよく取引をしている不動産会社を教えてくれると思います

 

 

相場の価格で売却を依頼することで早期の売却が可能です

 

 

関連記事:不動産高価買取と高価査定の違い

査定を依頼するまえに

マンションの査定を依頼する前にご自身で調査しておきましょう

 

 

『マンション名  +   売却価格』

 

 

と検索するといままでの売却事例を確認することができます

 

 

不動産会社の中には真剣にやっているお店もあればそうでないことも多いです

 

 

不動産屋さんが本当のことをいっているかどうかの指標にもなります

 

 

真剣な不動産会社を選びましょう

 

 

大手不動産屋と中小不動産屋の違い

情報量や販売力は大手不動産会社が強いです

 

 

資本力の違いがやはりあります

 

 

なぜ、中小不動産会社があるのかというと

 

 

地域密着しており、それぞれ得意分野があります

 

 

マンション専門

新築戸建専門

リフォーム専門

 

 

など総合不動産という場合でも得意不得意があります

 

 

マンション得意でない中小不動産会社に依頼する場合は注意が必要です

 

 

マンション一括査定の注意点

地域の不動産会社に査定依頼するのが一番おすすめですが、ネットではマンション一括査定という方法もよくあります

 

 

マンション一括査定を利用するには注意が必要です

 

 

  • 複数社からの営業を受ける
  • 査定結果が上昇しがち
  • 遠方の不動産会社からの査定
  • 匿名だと査定してもらえない
  • 田舎は対象外
  • 買取査定ではない

 

 

などもあることを注意が必要です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

マンションを売却する場合は査定が一番重要です

 

 

早く売れたけど安く売りすぎたということがあるからです

 

 

3か月~6か月ぐらいの売却スケジュールで売却することがおすすめです

 

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社