売却のコツ

不動産の高価買取と高価査定の違い

不動産の高価買取と高価査定の違い

高価買取高価査定はまったく違うものになります

 

高価買取は現金を出して買取価格で購入してくれるものです

 

高価査定ははっきり言えば無責任な金額になります

 

査定価格については現在の販売実績からみた金額になりますので、参考程度の数字だと考えてもいいです

 

不動産の高価買取って損か得か?

不動産の高価買取とは

不動産の高価買取ってよくチラシやネット広告でみることがあると思います

 

残念ながら高価買取という言葉はそのままの意味ではありません

 

不動産買取 ⇒ 買取価格 + 利益  ⇒ 一般ユーザーに売却

 

高価買取は決して高い価格ではありません

 

買取価格の中では高く買いますよという意味です

END価格と業者価格

エンド価格は実際に利用する人(ユーザー様)の価格です

 

インターネットやチラシなどに不動産会社から公開された価格のことです

 

この価格が取引される中ではもっとも高額になります

 

業者価格とは不動産会社が買取を行って、再販売(エンド価格)することで利ザヤを稼ぎます

 

つまり、不動産会社が買取をする価格は業者価格ということになります

 

安い業者価格で売却するのはなぜ?

買取の場合は一般的に売れる価格の6割~7割程度です

 

高価買取といっても価格はその程度になってしまいます

 

なぜ、大切な財産である不動産をこのように安売りをする売主様がいらしゃるのでしょうか?

 

理由はさまざまあります

 

  • 知識不足・情報不足
  • 緊急に資金が必要
  • ややこしい不動産物件

 

で安く売却をすることがあります

 

知識不足・情報不足

高齢の方の場合は相場などを知らない方も多いです

 

お世話になっている不動産会社さんだから信用して安く売却をされてしまうことがよくあります

 

取引が終わってからご相談に来られることが多くどうしようもないことが多いです

 

  • 解体費が高いから土地価格が安くなる
  • 面積が広いから土地価格が安くなる
  • 整形地でないから土地価格が安くなる

 

などの理由からとんでもなく安く売却をされてしまっています

 

このような残念な結果にならないようにするためにはいくつか注意したいことがあります

 

  • 知らない不動産会社の訪問営業の話は聞かない
  • 懇意にしている不動産会社でもすべてを任さない
  • 1社で決めてしまわない複数社に相談

 

不動産会社は成功報酬ですので、相談に行ったからといってお金を請求されることはありません

 

(コンサル業は別)

 

緊急に資金が必要な場合

通常の仲介として不動産売却をすると、現金化するまでに1か月~3か月ぐらいはかかります

 

緊急で不動産売却をして資金を作らないといけない場合は複数社に査定を依頼します

 

この場合は買取査定になりますので、

 

通常の価格から6割~7割ぐらいになる可能性が高いです

 

買取の場合は資金的に余裕のある不動産会社に依頼します

 

銀行から融資を受けてから買取ということになると、時間もかかります。

 

さらに不動産会社は融資をうけるための経費も余計にかかりますので、買取価格は当然安くなります

 

現地を見てみないと

 

資料を用意しないと

 

時間をかける不動産会社は結局安い買取査定額になることが多いです

 

希望の価格があれば、1社を選んで買取できる不動産会社を探してもらうということもいいかもしれません

 

期日・売却希望価格

 

を伝えることで、知り合いの不動産会社に情報を伝えてくれます

 

その場合は不動産会社には手数料を支払う必要があります

 

ややこしい不動産物件

底地

借地

入居者が入る物件

再建築不可物件

心理的瑕疵物件

 

などの特殊な不動産の場合は一般ユーザーが購入することをためらいます

 

そういった物件については売れないこともありますので、専門の不動産会社に買取してもらったほうがいいかもしれません

 

不動産査定

インターネットの一括査定

ネット査定の場合は個人情報・不動産情報を登録すると10社・20社から見積もりを受けることができます

 

一括査定の場合は高く査定をすることが多く、実際に売却活動をすると売れないということがよくあります

 

10社・20社の不動産の査定の中から選んでもらい、売却依頼を受けなければ仕事になりません

 

仕事を受けるための査定が横行していますので、注意してください!

 

不動産査定はうまく利用する

決して高く査定した価格で売れるということはありません

 

査定価格と売り出し価格は別です

 

査定が安くても高く売り出しをして、売れなければ価格を下げていくというようにしていれば大きく損をすることはありません

 

不動産会社の営業戦略に乗らずに、売主様のペースで売却活動をすることをお願いされたほうが納得のいく価格での売却ができます

 

専任媒介でも一般媒介でもどちらでもいい

不動産会社には売却依頼する場合は

 

複数社に依頼する場合は一般媒介契約

 

1社に依頼する場合は専任媒介契約

 

を結びます

 

結論から申し上げますと、どちらの契約方法でもいいです

 

ただ、注意したいことは専任媒介契約の場合に売却情報の囲い込みです

 

他の不動産会社に情報を流さないということは売却の機会損失になります

 

まとめ

高価買取と高価査定の違いについて記事にさせていただきました

 

高価買取は決して高くはなく相場の6割~7割の価格です

 

買取の場合は安売りしてしまわないように、複数社の不動産会社に相談することがおすすめになります

 

高価査定においては査定額を信じすぎることなく、売主様のペースで売却活動をすることがおすすめです

 

都会の不動産の場合は現段階においては価格をすこしづつ下げれば売却できます

 

あまり、売り急いで価格を下げすぎると大きく損をします

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社