お役立ち

タワーマンションの施工不良問題が増えている!今後予想される大規模修繕問題

タワーマンションの施工不良問題が増えている!

一生に一度の買物であるタワーマンションの施工不良問題が多くなっています

タワーマンションが販売されてから約10年ぐらいで色々と問題が発覚しているようです

新築マンションはすべて安心ということを考えられている方もいらしゃいますが、実際は新築だから入居後発覚することも多いようです

タワーマンションの場合はまだ建築の歴史も浅いので今後も不具合が出てくる可能性もあるかもしれません

タワーマンションの施工不良事案

事業主と施工会社との話し合い

シティタワー大濠(福岡市)

マンション名 シティタワー大濠
竣工 2000年
施工不良 基礎杭が支持基盤に届いていない(建築確認では支持基盤まで基礎杭)
トラブル 発覚が民法の除斥期間を超えてからの発覚だったために、事業主・施工会社には責任を求められない。住友不動産・熊谷組が買取の意向だが金額面でおりあっていない

パークシティLaLa横浜(横浜市)

項目名 パークシティLaLa横浜
竣工 2008年
施工不良 建物が傾いていた
トラブル 買取・建て替え

シティタワー恵比寿(東京都)

マンション名 シティタワー恵比寿
竣工 2019年
施工不良 地下駐車場の壁が図面は二重だが施工は一重
住戸間の耐火構造壁が欠落

パークスクエア三ツ沢公園(横浜市)

マンション名 パークスクエア三ツ沢公園
竣工 2021年
施工不良 建物が傾斜で建て替え

プラウドタワー武蔵小金井クロス(東京都)

マンション名 プラウドタワー武蔵小金井クロス
竣工 2021年
施工不良 防音設備
耐火設備
耐水設備
などが設計図通り施工されていない
トラブル 今後、設計図通りに施工工事をする

 

タワマンの大規模修繕問題

費用も問題

タワーマンションの場合従前の修繕のやり方とは大きく違います

費用も特殊な設備が多くなるために高額になる可能性を秘めています

足場問題

通常足場をくみ上げて、外壁工事をするのが一般的ですが、タワーマンションの場合は15階までは足場でそれ以上はゴンドラ方式を採用されます

そのため、費用も通常に比べて多くかかります

業者問題

タワーマンションの修繕ができる業者が限定されることです

そのために価格の談合が起きる可能性があり、安くできる可能性がなかなかむずかしいようです

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社