売却のコツ

不動産買取のメリットは

不動産買取メリット

不動産を売却する方法には【仲介】【買取】という方法があります

 

 

不動産買取は仲介に比べて価格が1割~3割安くなります

 

 

不動産買取のメリットについてまとめてみました

 

 

 

不動産買取のメリットは

買取メリット

早期の現金化

不動産は資産ですが、現金化するとなると金額によっては時間がかかる場合もあります

 

 

早期に現金化する必要性がある場合に離婚での財産分与、事業資金が必要などがあります

 

 

早期の現金化を考えられている場合は【買取】を選択肢に入れたほうがいいかもしれません

 

 

 

瑕疵担保責任の免除

不動産は売却して終わりという訳ではなく、瑕疵(かし)担保責任という責任が引渡後ある一定の期間は売主の責任がかかります

 

 

通常に買主に売却することで保証しなければなりませんが、不動産買取の場合は瑕疵担保責任を求めれることは買主が不動産会社である場合は免除されることが多いです

 

 

万が一、瑕疵担保責任が求められたら売却して得た金額の一部を買主に支払わなければいけません

 

 

そういった心配から解放されます

 

 

瑕疵担保責任とはこちら

 

 

資金計画が立てやすい

不動産の買い替えは非常に大変です

 

 

自宅が売れなければ住替えもできないケースが多いのは、住宅ローンを組める額が決まっていることがあるので一旦現在借りている住宅ローンを返済しなければいけません

 

 

又、購入と売却がある一定の時間の中で完了する必要があります

 

 

買取が決まれば、購入物件を探すだけです

 

 

不動産の購入は比較的に容易ですが、売却は非常にむずかしい部分があります

 

 

 

不動産買取の注意点

誰が買取する

一般的には不動産会社が買取をします

 

 

不動産会社は買取をした不動産を賃貸などにして家賃収入を得る以外に転売して利ザヤを稼ぎます

 

 

当然、安く買えば利益も多くなりますので、見積もり額は安くなりやすいです

 

 

少しでも高く売却を考えておられる場合は、1社だけより複数社に金額を提示してもらったほうがいいでしょう

 

 

 

市場価格を知る

不動産会社しか本当の不動産の価値を知ることは困難です

 

 

不動産の市場価値の7割~8割といわれていますが、不動産の市場価値も非常に分かりにくいものです

 

 

不動産の市場価値自体が安いと125%で買取してもらっても本当に損をしていないのかわかりません

 

 

マンション、戸建など最近の売却事例などをもとに不動産の市場価値を確認するしか方法はありません

 

 

不動産会社ですら、購入するお客さんがいれば不動産の市場価値はわかりますが、全く購入予定者がいない場合などはある程度幅を持った金額しかわからないのが実情です

 

 

一般消費者は納得するまで不動産会社に質問を投げかけてみてください

 

 

不動産買取金額、不動産市場価格

市場価値より高くなることはあまりないことですので、どの程度下がるかということが大きいです

 

 

複数の買取会社に相談することをおすすめします

 

 

 

仲介売却で売れなかったら買取を選択することができるか

少しでも高く売却するために、買取は後にすると思われている方もいらしゃると思います

 

 

その場合は注意点がひとつあります

 

 

不動産会社も売れない物件は買わない場合も考えられます。

 

 

買取ができる価格が下がるということがあります

 

 

仲介売却と買取をどちらか考えておられる場合は仲介売却で売れなかった時のリスクも考えられた方がいいかもしれません

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

 

不動産買取のメリットはありますが、どうしても金額次第のところがあります

 

 

不動産を売却する方法のひとつとして考えてみてください

 

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社