TEL
078-802-8917

営業時間10:00-19:00 定休日毎週水曜

MENU

不動産の鑑定評価の原価法の計算方法と考え方

ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

不動産査定の一つの原価法は土地や建物の不動産を再度調達する時にかかる費用に基づいています

 

再調達するために必要な原価を補正して求めます

 

原価法とは

「原価法」とは

 

(建物を評価する時)

 

今、現在の建物と同じものを建築した場合の価格(再調達価格)から経年劣化によって建物の劣化を差し引く(減価修正)ことで算定します

 

 

「原価法」の計算方法

 

積算価格=単価 × 総面積 × 残存年数(耐用年数-築年数)÷ 耐用年数

 

 

耐用年数については構造によって変わります

 

 

建物の評価方法

  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ以下)19年
  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ超4ミリ以下)27年
  • 重量鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)34年
  • 鉄筋コンクリート造47年
  • 木造22年

 

単価の計算は1㎡の単価で確認します

建築単価

(国土交通省のホームページより

土地を評価方法

土地の評価をする時は実勢価格と路線価格の両方を比較します

 

 

実勢価格 × 大きさ(㎡)

 

路線価格 × 大きさ(㎡)

 

 

の両方を比較する

 

まとめ

原価法は対象不動産を再度調達するといくらかかるのかということを

 

土地と建物で原価を出して補正することで試算価格を出します

 

原価法は再調達原価の計算ということになります

 

不動産のことで悩んでおられませんか?


住宅ローンの支払いが困難な方
不動産の取得費が分からないので、税金がいくらかかるか分からない
なかなか、不動産が売却できない
家が古いので、リフォームするか建替えするのかが決まらない
売却と賃貸どうすればいい
親の不動産を相続したが、どのようにしたらいいのかわからない
瑕疵担保責任を負う必要があるの?
仮住まいの賃貸が見つからない
不動産のことならお気軽にご相談ください

この記事を書いた人
この記事を書いた人
宅地建物取引主任士 佐藤広明
賃貸・事業用不動産・新築戸建などをしている不動産会社を運営しています
不動産の総合的な観点からアドバイスをさせていただいています
ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

お問い合わせ:マチ不動産株式会社

社名 マチ不動産株式会社
所在地 〒657-0824
神戸市灘区福住通2-1-9
創業 2007年8月1日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 佐藤広明
業務内容 不動産売買・賃貸・買取・賃貸管理・リフォーム・新築事業・UR斡旋・各種
保険加盟団体 公益法人 兵庫県宅地建物取引業協会 会員
公益社団法人近畿圏不動産流通機構
公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会 加盟
株式会社 日本住宅保証検査機構 加盟

TEL: 078-802-8917

営業時間 10:00~19:00
休業日 水曜、年末年始(12/29~1/3)

会社概要*お客様提携駐車場あります
お越しの際にご連絡いただきましたら、ご案内させていただきます

Fudousan Plugin Ver.5.1.0