売却のコツ

不動産の鑑定評価の原価法の計算方法と考え方

不動産査定の一つの原価法は土地や建物の不動産を再度調達する時にかかる費用に基づいています

 

再調達するために必要な原価を補正して求めます

 

原価法とは

「原価法」とは

 

(建物を評価する時)

 

今、現在の建物と同じものを建築した場合の価格(再調達価格)から経年劣化によって建物の劣化を差し引く(減価修正)ことで算定します

 

 

「原価法」の計算方法

 

積算価格=単価 × 総面積 × 残存年数(耐用年数-築年数)÷ 耐用年数

 

 

耐用年数については構造によって変わります

 

 

建物の評価方法

  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ以下)19年
  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ超4ミリ以下)27年
  • 重量鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)34年
  • 鉄筋コンクリート造47年
  • 木造22年

 

単価の計算は1㎡の単価で確認します

建築単価

(国土交通省のホームページより

土地を評価方法

土地の評価をする時は実勢価格と路線価格の両方を比較します

 

 

実勢価格 × 大きさ(㎡)

 

路線価格 × 大きさ(㎡)

 

 

の両方を比較する

 

まとめ

原価法は対象不動産を再度調達するといくらかかるのかということを

 

土地と建物で原価を出して補正することで試算価格を出します

 

原価法は再調達原価の計算ということになります

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社