灘区タウン情報

住宅ローンの残債があるとマンションは売却することができない場合がある?

住宅ローンの残債があるとマンションは売却することができない場合がある?

住宅ローンが残っていることでマンションを売却することができないケースがあることをご存じでしょうか

住宅ローンの残債をマンションを売った金額もしくは自己資金ですべて返済しないと基本的にはマンションを売ることができないのです

売却理由によっては絶対売却しないといけないケースもありますが、どのようにしていけばいいのでしょうか

現在のマンションの価格を調べてみましょう

同じマンションで売り住戸が増えたり、ご近所で新築マンションが販売されていたりすると価格が下がっている可能性もありますので今の売買価格を調べてみましょう

不動産屋さんに査定してもらう場合

わざわざ、自宅に来られても困るという方には不動産屋さんのホームページの問い合わせや電話、FAXなどで教えていただけます

  • マンション名
  • お部屋の向き
  • 広さ
  • 階数
  • 築年数

 

などがわかればご用意していただいたほうがスムーズに査定してもらえると思います

ご自身でインターネットで調べたい場合

同一のものがない不動産価格を調べることは非常に難しいですが、実際に売却した方の情報と現在購入を考えている方の情報の組み合わせで想像することができます

複数の情報サイトから事例を抽出することでより実際の売却価格に近い数字を出すことができます。

 

物件情報を特定することはできないがおおよその相場を理解する時に使えるサイト

 

現在購入を考えている人向けのサイトを参考に見る

 

こちらのサイトは売主さんの希望価格で実際に取引される価格は表示されている価格から低くなる場合があります

ネットで不動産価格を調べることは個人情報を流さなくてもいいことが一番のメリットです

売却できない場合でも任意売却・競売という方法も

売却理由が収入源からの住宅ローン返済ができないという場合は売却か賃貸にして入ってくる家賃で住宅ローンの返済をする方法しかないです

その場合は住宅ローンをしている金融機関に相談す必要があります。金融機関によっては住宅ローンで購入した不動産で家賃をとって人に貸すことを禁止している場合もあります

又、賃貸で住宅ローンを返済する場合の問題点として、引越し代、部屋をリフォームする費用、引越し先の保証金などとにかくお金がかかってしまいます

さらに、募集して入居者がなかなか入らないというリスクもあります

賃貸にする場合はよくよく、調査して信頼できる不動産屋に依頼することが重要です

住宅ローン残債が売却額を超えている売却方法とは

通常売却できないような状態で売却する方法を任意売却といいます

売却によって返済できなかった残った住宅ローンを毎月一定金額を返済する方法になります

金融機関と不動産会社が連携して売却活動をしていきます

任意売却のメリットとしてはすぐにお金を必要としないことです

不動産会社への報酬や引越し代などは金融機関が売却益から融通してくれる場合があります

又、ご近所にも通常売却の方法とほとんど変わりませんので、お金に困って任意売却をしているということがわかりにくいことがあげられます

時間切れで競売になる場合も

金融機関もいつまでも返済を待ってくれるわけではありません

いよいよ、返済できないとなった場合は債務者の同意なしに担保物件を売却することができる権利を実行に移す場合があります

競売になった場合、裁判所から競売の手続きが来てしまいます

競売になると引越し代などの融通などはなくなるので、早い段階で金融機関と交渉することが望ましいです

もし、月々の住宅ローン返済が厳しくなったら

闘病生活や収入減、離婚などで住宅ローンの返済に困るケースが増えてきております

住宅ローンの全額返済が可能な売却であれば、売却して生活レベルに合わせた住宅に引越し再起を目指す方法もありますが住宅ローンの返済が無理な場合の売却を考えなければならないケースは早い段階で任意売却をおすすめします

愛着のある住宅を手放すことは非常に辛いものですが、どうしても厳しいと思われた場合は専門家に相談することが一番の方法です

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社