TEL
078-802-8917

営業時間10:00-19:00 定休日毎週水曜

MENU

不動産売買契約の停止条件と解除条件の違いは

ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

不動産の契約書には不確定な要素を停止条件と解除条件という項目を設けています

 

停止条件と解除条件は契約がなくなるという結果は同じですが、どのように違いがあるのでしょうか

 

不動産売買契約の停止条件と解除条件の違いは

 

停止条件も解除条件も設定された条件によっては契約行為がなかったことになりますが、内容によって停止条件と解除条件をつけます

不動産売買契約の停止条件と解除条件の違いは

「停止条件とは」

条件が達成

契約の効力をもつ

(条件が満たされていないと、効力も発生していない)

不動産の売買契約で条件が成就されるまでは、契約の効力が発生していません。成就して契約までさかのぼることを停止条件といいます

 

任意売却など債権者の同意が必要な場合に停止条件を設定します

 

「解除条件とは」

条件が発生

契約が消滅

解除条件の場合は契約は効力を持ちますが、解除条件となることが発生すると契約が消滅することです

 

不動産の売買契約書では住宅ローンの特約(融資利用特約)があたります

 

家を購入するのに住宅ローンを使う場合は、解除条件として必ず盛り込む条件になります

 

住宅ローンは事前審査と本審査を受けて、金融機関が住宅ローンの契約、実行をしてくれます

 

購入申込→事前審査

売買契約→本審査

本審査は売買契約後の審査になりますので、本審査で否決されると契約が消滅するということになります

 

買換え特約も解除条件になります

 

解除条件をつけることでもし売れなかったら、新しい家の契約はなかったことにできる買主よりの条件ということになります

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

不動産の契約の条件に対しての双方の認識が違うことでトラブルになる可能性もありますので、契約時に確認が必要です

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています

不動産のことで悩んでおられませんか?


住宅ローンの支払いが困難な方
不動産の取得費が分からないので、税金がいくらかかるか分からない
なかなか、不動産が売却できない
家が古いので、リフォームするか建替えするのかが決まらない
売却と賃貸どうすればいい
親の不動産を相続したが、どのようにしたらいいのかわからない
瑕疵担保責任を負う必要があるの?
仮住まいの賃貸が見つからない
不動産のことならお気軽にご相談ください

この記事を書いた人
この記事を書いた人
宅地建物取引主任士 佐藤広明
賃貸・事業用不動産・新築戸建などをしている不動産会社を運営しています
不動産の総合的な観点からアドバイスをさせていただいています
ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

お問い合わせ:マチ不動産株式会社

社名 マチ不動産株式会社
所在地 〒657-0824
神戸市灘区福住通2-1-9
創業 2007年8月1日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 佐藤広明
業務内容 不動産売買・賃貸・買取・賃貸管理・リフォーム・新築事業・UR斡旋・各種
保険加盟団体 公益法人 兵庫県宅地建物取引業協会 会員
公益社団法人近畿圏不動産流通機構
公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会 加盟
株式会社 日本住宅保証検査機構 加盟

TEL: 078-802-8917

営業時間 10:00~19:00
休業日 水曜、年末年始(12/29~1/3)

会社概要*お客様提携駐車場あります
お越しの際にご連絡いただきましたら、ご案内させていただきます

Fudousan Plugin Ver.5.1.0