お役立ち

道路幅員の調べ方と測り方。

道路幅員とは

道路幅員によって建築物の制限を受けたりする場合があります

土地の価値は道路によって評価がかわります

道路の幅員の調べ方と測り方についてまとめてみました

道路幅員とは

道路幅員(どうろふくいん)とは道路幅のことをいいます

道路に幅員は敷地の境界から反対側の道路の境界までの幅をいいます

車道や路肩、中央分離帯、電信柱も道路の幅員に含まれえます

「セットバックとは」

実は4mの幅員(道路のはば)がないと住宅が建てられないということを聞いたことはありますか

道路幅が4メートル未満の場合は道路中心部から2mを道路として提供することで建築許可を受けることができます

道路の幅員の調べ方

道路の幅員の確認は現地で確認するのと同時に市町村の道路課で調べることができます

市町村の道路課には道路台帳が備え付けられていますので、公図、地籍測量図と合わせて確認して道路の幅員を調べます

ただ、私道は役所で調べることはできません

道路の測り方

幅員の測り方

よく間違えられるのが側溝は道路として測るのかとうことです

道路と不動産の境界線を確認して、境界線の幅員を測ります

 

まとめ

道路の幅員は建物の容積率を決定します

狭い道路ではあまり建物の大きさが小さくなります

よりよい環境を作り出すために都市計画法で決定されているからです

不動産を購入して建物を建てる場合は道路の幅員を確認します

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社