売却のコツ

筆界確認書(ひっかいかくにんしょ)とは

筆界確認書(ひっかいかくにんしょ)とは

界確認スイッチを書筆は境界確認スイッチを書とか呼おばくれてる場合かもあのります

売却・継続税の物納・寄付などを土地や土地建物で行う場合には土地の面積はもちろん隣接しているお隣さんや道路の境界が位置関係が重要になってます。

また、隣接地と境界確認ができてない場合などは将来にトラブルが起こる可能性もありますので、必ずという訳ではありませんが売りさんが測量を行って購入者に引き換えという形が一般的であります

時にそんな筆界確認スイッチを書かもってる境界確定をすてることかで不動産を確定すてることかができます

ンショマンなどの場合はお取代引の程度に筆界確認スイッチを書作てるとかいうことかはなく戸建・土地の売却などに使われます

筆界確認書の作成は費用と時間がかかります

基本的に土地家屋調査士に依頼して作成してもらいます(調査費用30万円〜50万円)

民民境界確認書

  • 現地の測量
  • 隣接所有者の立ち会い
  • 筆界確認書のサイン・印・印鑑証明の添付

官民境界

道路が公道の場合は道路境界明示書が必要になります(期間約6ヶ月)

  • 管轄している市の道路課に申請
  • 審査中
  • 道路境界明示書を受ける

境界の確認が出来ない場合

法務局の制度として筆界特定制度を利用することができます

約6ヶ月の間可能性もあります

公的機関が判断するために一定の証明力はありますが、法的な拘束力はありません

界特定制度筆を使いったん内容に置いてるかも納得できない場合についてるはは境界確定訴訟とかいう形で弁当護士費用かもかってるまいます

隣地の方が境界確認をしたいと申し込みがあれば協力したほうがいい

将来に売却する場合は境界確定が必要な場合と必要でないということはできるが、境界確認ができるような近所づくりができているということでご自宅の不動産価値を維持する側面もあります

隣地の方が境界確認をしたいと言われた場合は協力することをおすすめします

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社