灘区タウン情報

住宅の地盤調査の方法と費用は

大きな地震があったときに建物の命運を決めるのが地盤です

 

 

家を建てる時に大きなお金がかかりますが地盤改良と基礎と構造についてはお金はかけてほしいものです

 

 

地盤調査の方法

  • スウェーデン式サウンディン(SWS)試験
  • ボーリング調査(標準貫入試験)
  • スクリュードライバーサウンディング(SDS)

 

 

試験がよくつかわれております

 

 

約10万円ぐらいの費用でできるスウェーデン式サウンディング(SWS)試験が調査方法に選ばれております

 

 

スクリューポイントと呼ばれる尖った金属を地面に差し込み土地の硬さを調べます

 

 

費用は安いですが、硬い層は調べられなかったり、サンプルを回収できない難点があります

 

 

高額な費用(20万円~30万円)がかかるボーリング調査(標準貫入試験)は戸建てを除くと日本で一番多い調査方法です

 

 

スウェーデン式サウンディン(SWS)試験よりわずかに高いがスクリュードライバーサウンディング(SDS)試験は土質もわかり調査の目的である地盤改良が必要かどうかの判定も正確な結果で出やすい方法です

 

 

地盤改良の費用は

地盤改良の必要性がある場合、戸建ての場合は大体100万円ぐらいはかかります

 

 

家を建てる場合はこの費用を計算されていない場合が多いので気を付けたいものです

 

 

 

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社