TEL
078-802-8917

営業時間10:00-19:00 定休日毎週水曜

MENU

50年住宅ローンのフラット50とは?デメリットなど注意する点は

ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

フラット35(全期間固定型)というのは聞いたことがあるが、フラット50(全期間固定型)って何と思われる方もおおいのではないでしょうか

つまり、79才の完済が上限になるために、誰でも組めるローンではないというものです

人生100年時代と言われている昨今に生まれたローンでもあります

フラット50とは

年齢制限

79才の完済のために50年間組める方も29歳の方になります。

  • 30歳 49年
  • 31歳 48年
  • 32歳 47年

と年齢が上がるにつれて、組める年数も短くなります

若い時にお金はないけれども、しっかりした住宅は確保したいという方にはぴったりとあります

メリット

長く住宅ローン組むことで、借り入れる額を増やすことができます

年収400万円未満 返済比率30%以下

年収400万円以上 返済比率35%以上という条件があります(物件価格90%)

(年収350万円の方が住宅ローンを組む場合、固定金利(1.11%)でフラット35を組む場合、フラット50を組む場合)

フラット35 フラット50
最大で借入額 約3,000万円 約4,000万円

と年収350万円の方の場合に1,000万円多く借入をすることが可能になります

又、長く組むと月々の支払いが安くなります

(3000万円 固定金利の支払い例)

フラット35 フラット50
3000万円の月づきの支払い例 86,232円 65,174円

と2万円支払いが安くなります

住宅費用を抑えることで余裕資金が溜まり、繰上げ返済することも可能になります

デメリット

  • 金利が高い
  • 返済金利が多くなる

ゆっくり返済すると生活に対する住宅費用は抑えられますが、金利負担は大きいです

数千万円もする借入は現在いくら金利が安くでも大きな負担です

3000万円借りた時の総返済額(固定金利1.11%) 金利合計
10年 3,170万円 170万円
20年 3,346万円 346万円
30年 3,528万円 528万円
40年 3,716万円 716万円
50年 3,910万円 910万円

10年で約200万円の金利が付く計算になります

住宅ローンは早く返済したほうがいいですが、賃貸生活の家賃負担も考えて住宅購入をすると金利負担よりメリットがでてくてくる場合もあります

不動産のことで悩んでおられませんか?


住宅ローンの支払いが困難な方
不動産の取得費が分からないので、税金がいくらかかるか分からない
なかなか、不動産が売却できない
家が古いので、リフォームするか建替えするのかが決まらない
売却と賃貸どうすればいい
親の不動産を相続したが、どのようにしたらいいのかわからない
瑕疵担保責任を負う必要があるの?
仮住まいの賃貸が見つからない
不動産のことならお気軽にご相談ください

この記事を書いた人
この記事を書いた人
宅地建物取引主任士 佐藤広明
賃貸・事業用不動産・新築戸建などをしている不動産会社を運営しています
不動産の総合的な観点からアドバイスをさせていただいています
ツイートする
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアする
シェアする

お問い合わせ:マチ不動産株式会社

社名 マチ不動産株式会社
所在地 〒657-0824
神戸市灘区福住通2-1-9
創業 2007年8月1日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 佐藤広明
業務内容 不動産売買・賃貸・買取・賃貸管理・リフォーム・新築事業・UR斡旋・各種
保険加盟団体 公益法人 兵庫県宅地建物取引業協会 会員
公益社団法人近畿圏不動産流通機構
公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会 加盟
株式会社 日本住宅保証検査機構 加盟

TEL: 078-802-8917

営業時間 10:00~19:00
休業日 水曜、年末年始(12/29~1/3)

会社概要*お客様提携駐車場あります
お越しの際にご連絡いただきましたら、ご案内させていただきます

Fudousan Plugin Ver.5.1.0