灘区タウン情報

50年住宅ローンのフラット50は止めておいた方がいい

フラット50(全期間固定型)という50年間の住宅ローンがとうとう発売されています

 

金融機関が発売するなかでは一番儲かる商品ですね

 

50年間金利が入るローンになりますが、組んだ方は大変です

 

50年ローンは止めておいた方がいいという記事になります

 

フラット50とは

年齢制限

79才の完済のために50年間組める方も29歳の方になります。

  • 30歳 49年
  • 31歳 48年
  • 32歳 47年

と年齢が上がるにつれて、組める年数も短くなります

若い時にお金はないけれども、しっかりした住宅は確保したいという方にはぴったりとあります

メリット

長く住宅ローン組むことで、借り入れる額を増やすことができます

年収400万円未満 返済比率30%以下

年収400万円以上 返済比率35%以上という条件があります(物件価格90%)

(年収350万円の方が住宅ローンを組む場合、固定金利(1.11%)でフラット35を組む場合、フラット50を組む場合)

フラット35 フラット50
最大で借入額 約3,000万円 約4,000万円

と年収350万円の方の場合に1,000万円多く借入をすることが可能になります

又、長く組むと月々の支払いが安くなります

(3000万円 固定金利の支払い例)

フラット35 フラット50
3000万円の月づきの支払い例 86,232円 65,174円

と2万円支払いが安くなります

住宅費用を抑えることで余裕資金が溜まり、繰上げ返済することも可能になります

デメリット

  • 金利が高い
  • 返済金利が多くなる

ゆっくり返済すると生活に対する住宅費用は抑えられますが、金利負担は大きいです

数千万円もする借入は現在いくら金利が安くでも大きな負担です

3000万円借りた時の総返済額(固定金利1.11%) 金利合計
10年 3,170万円 170万円
20年 3,346万円 346万円
30年 3,528万円 528万円
40年 3,716万円 716万円
50年 3,910万円 910万円

10年で約200万円の金利が付く計算になります

住宅ローンは早く返済したほうがいいですが、賃貸生活の家賃負担も考えて住宅購入をすると金利負担よりメリットがでてくてくる場合もあります

 

住宅ローンの平均返済が72歳?

現在、住宅ローンの完済年齢が平均72歳まで伸びています

 

定年になっても返済は続いているので、定年後もアルバイトをしなければいけない方が増えてきています

 

35年ローンを組む方が多いですが、収入の激減で計画通りにすすまないということが多いようです

ABOUT ME
佐藤 広明
(宅地建物取引士)神戸生まれ神戸育ち。13年前に独立して町の不動産屋を経営中。不動産売買・賃貸・管理・事業用不動産・任意売却など経験多数。ブラックな業界のイメージを少しでも払拭できるように情報発信しています。

マチ不動産株式会社